農業クラブ

HOME > 課外活動 > 農業クラブ

平成28年度農業クラブ活動報告

農業クラブとは・・・

農業クラブとは、全国の農業高校をはじめ高等学校の農業に関する学科や総合学科で学ぶ生徒によって各高校ごとに組織されているもので、農業高校及び農業学科に所属する生徒全員が加入するものです。 これを「単位クラブ」と言います。

本年度活動内容

4月 7日
新入生オリエンテーション
5月10日
第1回農業クラブ総会
5月27日
校内意見発表会
5月29日
ふれあい農園(参加者28名)
6月14〜16日
校内農業鑑定
7月 6〜7日
夏季大会・総会
7月 7日
プロジェクト発表県大会・意見発表県大会
(会場:農業大学校)
7月29日
農業鑑定県大会(会場:高田農業高等学校)
8月18〜19日
北信越ブロック大会(富山県)
10月25〜27日
全国大会(大阪府)
10月29日
青海祭


ふれあい農園より

各種大会結果報告〈意見発表会〉

5月27日の校内大会を勝ち抜き、7月7日の県大会に出場しました。

  • T類 生産・流通・経営
    「地域の思いを若い世代に」 3年 小杉 巧
  • U類 開発・保全・創造
    林道は森の血管」 3年 原 杜人
  • V類 ヒューマンサービス
    農業生産物の教え」 3年 石口 響

〈プロジェクト発表会〉

1月21日の県大会を通過した次の発表が8月18〜19日の北信越大会に出場しました。
V類 ヒューマンサービス 「古典ギク復活プロジェクト その4」 バイテクコース

青海祭

農業クラブの催し物として、サトイモカレーの販売及び、他の展示会場の一部を借りて鑑定問題を解く農業鑑定ラリーを行いました。サトイモカレーは非常に好評で調理が間に合わないほどの盛況ぶりでした。また、農業鑑定ラリーは結構真剣に取り組んだ生徒もおり全問正解者も多数出ました。

第67回日本学校農業クラブ全国大会大阪大会

代議員会参加
 
クラブ員代表者会議 事例発表
3年 土田 健志
 
3年 今井 丈瑠
 
2年 市川 諒
 
2年 渡邉 沙央里
農業鑑定競技
 
最優秀賞 分野 造園
3年 泉田 知里
優秀賞  分野 農業
1年 横山 彩
 
1年 堀江 瑞樹
     分野 園芸
3年 大橋 彩耶
 
3年 吉田 麻衣
 
2年 齋藤 登夢
     分野 畜産
3年 石口 響
 
3年 須山 詢子
     分野 農業土木
3年 磯部 魁斗


旗手は土田君


事例発表の様子


最優秀賞表彰

 農業鑑定競技において今年度は環境緑地科の泉田さんが日頃の成果を発揮し造園分野で最優秀賞を獲得するなど、加茂農林高校の名前を全国的に示すことができました。
クラブ員代表者会議においては、本校での活動事例を紹介しながら「校内農業クラブ員が農業クラブを理解し、一丸となって活動を盛り上げていくためにはどのようにしたらよいか」というテーマにしたがって事例発表を行いました。内容は、
 @ 新入生オリエンテーション
 A ふれあい農園
 B クリーン作戦
 C 古紙回収についてを取り上げ
 D 具体的にどのように呼びかけをしていくのか
   以上について発表しました。

発表後、質疑応答や討議が行われました。この中では、新入生オリエンテーションにおいてはビデオ中にわかりやすい寸劇風の内容を取り入れた事や、本校マスコットキャラクターの「のうのう」を活かした取り組みが他校より支持を得ました。

 又、ふれあい農園においては、学校外の方との交流が評価され、もっと広がりを持ってやってもよいのではないかというアドバイスもいただきました。
古紙回収では、小中学校ではよく聞く話であるが、高校でも行っていると言うことに共感を得られ、環境面での取り組みや収入を農業クラブ活動に活かせるなど是非とも取り入れたいという他校からの評価もありました。
 又、まとめとしては全国大会でのつながりを機会に他の都道府県との交流も深めてはどうかという話も出ました。農業クラブの動の盛り上げについては、行事の都度、声掛けやポスター掲示など積極的な呼びかけを行い、一丸となって取り組む事が大切であると、改めて感じました。


PAGE TOP ▲