学校行事

HOME > 学校生活 > 学校行事

sp

2018/12/3

野菜コースが現場見学会に行ってきました!

平成30年11月26日
 11月26日(月)に野菜コース1・2年生42名が現場見学会に行ってきました。見学場所は、新潟市江南区木津にある施設園芸に取り組むハウス団地「木津ハウス組合」です。北陸農政局新潟拠点の方々が計画・運営してくださいました。農事組合法人木津みずほ生産組合の坪谷利之代表理事と(有)カガヤキの藤田重実取締役からは、栽培技術だけではなく、ハウス団地設立の経緯や複合経営への挑戦など、多岐にわたるお話しをいただきました。生徒達からは、今後の生活に活かしていくという意欲が感じられました。

 

2018/11/19

果樹コース2年生対象に先端技術講習会を実施しました。

平成30年11月16日(金)
 11月16日、2年生果樹コース対象に(株)想樹代表取締役 土田広樹氏を講師に迎え、ル レクチェの栽培ならびに追熟方法について学習しました。
 講師からは、実際に本校果樹園や追熟室まで出向いて、ル レクチエ栽培や栽培方法について分かりやすく説明していただき、次年度の栽培管理に向けてのポイントを理解することができました。
 また、三条果樹専門家集団結成の経緯や活動についてもお話いただき、果樹農家として収益を高める経営方針や、新潟県における今後の果樹農家の在り方について考える貴重な機会となりました。
 講習会のまとめとして、講師自身の果樹栽培にかける情熱や果樹を学ぶ高校生への期待が大きいことを聞いて、今後の学習に対する意欲が高まった有意義な講習会となりました。

 

2018/11/5

青海祭が行われました!

平成30年10月27日
 「学ぼう!食べよう!楽しもう!〜平成最後の青海祭、ハンパないって!!〜」というスローガンのもと、今年度の青海祭が行われました。あいにくの雨にもかかわらず、一般公開開始前から多くの保護者の方や地域の方々が並んでくださいました。感謝申し上げます。
今年度は、青海会と農業クラブから成る実行委員会を中心に、工夫を凝らした企画を用意し、協力しながらこの日まで準備を進めてきました。飲食スペースを大体育館に設けたり、みんなで楽しめるステージ企画が登場したりして、大体育館も食品・農産物販売の小体育館に負けないくらい賑わっていました。
 各教室では、2・3年生による課題研究の中間報告が行われました。学科やコースにおけるこれまでの取り組みを展示し、生徒が来場者に自分たちの研究について説明しました。また、生徒玄関では、草花コースが育てた直径2m10cmの日本一のコケ玉が展示されました。
準備の段階から当日まで、生徒一人ひとりが頑張った青海祭でした。校庭の木々の葉も色付き、移りゆく自然の美しさとその自然がもたらす恵みに感謝の気持ちを新たにした一日でもありました。
 表彰された団体は以下のとおりです。
  第1位:食品製造コース(パンの販売)
  第2位:草花コース(コース展)
  第3位:環境緑地科(環境緑地科展)

 

2018/10/11

果樹コース2年生対象の鳥害被害対策講習会を実施。

平成30年9月21日(金)
 果樹コース2年生対象に株式会社三条害虫 宮入陽介氏を講師に迎え、県央地域における鳥獣被害の現状と対策について学習しました。
 近年になってクマやイノシシ、サルなどの出没件数が急増するなど、日本各地で野生動物による農作物被害が多発しており、川船農場のある県央地域も例外ではありません。果樹コースでは3年前より鳥獣駆除の専門である株式会社三条害虫の協力を得て、果樹園における鳥獣対策を課題研究テーマとして取り組んでいます。
 今回の講習会では、害鳥獣の生態や川船農場で実施した害獣駆除方法について学習し、日頃栽培管理している果樹園への鳥獣予防対策を理解することができました。

 

2018/10/11

五泉特別支援学校高等部の皆さんと実習しました(果樹コース)。

平成30年9月25日(火)
 川船農場では毎年、県立五泉特別支援学校高等部の皆さんと実習を通した交流活動を行っています。今年、五泉特別支援学校からは生徒47名、職員20名の参加があり、動物コース・果樹コース3年生が指導役となって、各コースで準備した体験メニューを一緒に実習しました。
  動物コース:3グループ 動物との触れあい、生産物の利用
  果樹コース:3グループ ブドウ収穫・パック詰め、クリ収穫
 当日はあいにくの雨模様で、一部内容を変更したグループもありましたが、楽しく実習をすることができました。最初は緊張して会話も少なかったようですが、時間が経つにつれて打ち解け、自己紹介と質問タイムを取り入れ、1時間という短い時間ではありましたが、楽しく交流ができたと思います。
 後日、参加された生徒の皆さんから、心温まるお礼の色紙が届きました。
ありがとうございました。

 

2018/10/11

加茂小学校1・2年生の皆さんと一緒に実習しました(果樹コース)。

平成30年9月18日(火)
 川船農場では毎年、加茂小学校1・2年生の皆さんと実習を通した学習連携事業を行っています。今年は加茂小学校からは児童72名、職員6名の参加があり、動物コース・果樹コース3年生が指導役となって、各コースで準備した体験メニューを一緒に実習しました。
  1年生33名 … 動物コース 豚・鶏・牛の畜舎見学と体験活動
  2年生39名 … 果樹コース ブドウ収穫・パック詰め、クリ収穫体験
 慣れていないこともあって、最初は小学生を上手くリードできない場面もありましたが、途中で自己紹介や質問タイムを設けることで、だんだんと打ち解け、楽しく実習することができました。1時間という短い時間の中で、子どもたちのたくさんの笑顔を見ることができた反面、指導する立場に立ってものを教えることの難しさを実感できた貴重な時間となりました。

 

2018/10/11

須田小学校1、2年生が家畜を見学に来ました。

平成30年9月13日(木)
 9月11日(火)須田小学校の1,2年生の児童が家畜の見学に来ました。
 本校の3年生と一緒に、肉用牛、ヤギ、豚、ニワトリを見学、エサやり体験などを一緒に行いました。
 児童たちは、楽しそうにヤギや牛、豚にエサをあげてくれました。

 

2018/10/1

白根グレープガーデンで研修しました(生命情報コース)。

平成30年9月6日(木)
 生命情報コースの1年生(25名)が、「総合実習」の授業の一環として、白根グレープガーデンで研修しました。農業の6次産業化の取り組みの内容や課題、今後の展望をとても丁寧にお話しいただきました。「人を楽しませる農業」を実践するために、日頃から経営について戦略的に様々なことを考え、工夫を凝らして実践していることを知ることができました。高品質な農作物を栽培する技術はもとより、時代の流れや消費者のニーズをつかんだ農業経営を目の当たりにすることができました。

 

平成30/9/11

野菜コース対象に刈払機資格取得講習会を行いました。

平成30年8月27日
 今年度より、野菜コースを対象に刈払機の資格取得講習会を始めました。上越市の「NPO法人 木と遊ぶ研究所」から講師の先生お二人が来られ、野菜コースの生徒15名が受講しました。
 刈払機の構造や使用方法、安全教育について講義いただき、生徒にとって、非常に良い経験となりました。全員が資格取得することができました。

 

2018/8/31

果樹コース課題研究南国フルーツ班、校外研修に行って来ました。

平成30年8月27日(月)
 果樹コース課題研究南国フルーツ班6名(3学年3名、2学年3名)が、村上市にある瀬波南国フルーツ園で熱帯果樹栽培について研修を行いました。
 果樹コースでは、今年度より県央地域における南国フルーツの特産化を目指して、耐寒性のあるパッションフルーツ栽培に取り組んでいます。降雪地域での無加温による熱帯果樹栽培はほとんど例がなく、この無加温パッションフルーツ栽培が定着することで、県央地域の特産となるよう研究を行っています。
 瀬波南国フルーツ園では、長年無加温による熱帯果樹栽培を行っており、今回の研修を通して、課題研究を進めていく上でのヒントが得られた貴重な機会となりました。今後は、今年生育した苗木の越冬と挿し木による苗木繁殖に向けた準備を行う予定です。
 川船農場での無加温パッションフルーツ栽培は始まったばかりですが、今後も指導を受けながら、良品質果実の収穫と県央地域の産地形成を目指したいと思います。

 

sp

←PREV

NEXT→



PAGE TOP ▲