環境緑地科

HOME学科・コース紹介 > 環境緑地科

緑地工学コース

緑地工学コースの紹介

グローバルな視点から環境問題について科学的に理解し、環境を守りまた創る上で必要不可欠な森林・樹木の保育および利用方法を学ぶコース。

具体的な学習内容

  • 樹木の分類・識別の知識を習得する。
  • 森林と地球環境の関係を理解する。
  • 森林や庭園の樹木の管理の仕方を習得する。
  • 森林・樹木・木材の利用方法を習得する。
  • 林道設置、森林測定などに不可欠は技術である測量の知識・技術を習得する。

専門科目…2年次から学習

森林科学(樹木の分類や生態、森林の造成や保育方法、樹木の伐採や搬出方法などを学ぶ)
造園技術(庭や公園の樹木などの管理方法などを学ぶ)
森林計測(樹木の大きさを測る方法、樹木・森林の価値を評価する方法などを学ぶ)
ウッディクラフト(間伐材を利用して木工品を製作し、木材加工技術の基礎を学ぶ)
測量(方向、距離、高さなどを求め地図や設計図をつくる)
環境科学(地球規模や身近な環境問題についての実験や学習環境土木と共通科目)

学習実習風景

演習林実習下草刈り

丸七谷演習林前でハイちーず

木工実習(木皿製作)

森林科学協同学習風景

卒業後の主な進路先

  • 進学先:
    農学系(森林・造園に関する)・工学系の大学・短大、専門学校など
    (新潟大学、長岡技術科学大学、東京農業大学、北里大学、足利工業大学…)
  • 就職先:
    公務員(林野庁)、森林組合、造園業、測量会社、総合建設業、木材加工業、家具製造業、建具製造業
    グリーンキーパーなど

※環境緑地科は過去6年間進路決定率100%

環境土木コース

環境土木コースの紹介

自然と調和のとれた道路や河川・農地の保全に必要な土や水・コンクリート等に関する学習を行い、土木分野の基礎的な知識・技術を身につけるコース。
→主に、農業土木分野
※環境に配慮しながら農地の整備を行い、農地の生産性の向上を図り、みんなが快適な生活ができるようにする。

身近にある農業土木技術

  • 農業水利施設 ・・・かんがい(水田、畑地)・排水、ダム、頭首工(取水ぜき)、水路など。
  • 農地・農村整備・・・ほ場・農道整備、農用地造成、干拓、農地保全・防災、農村整備など。

専門科目…2年次から学習

農業土木設計(土、水、コンクリートの力学的性質など)
農業土木施工(コンクリートの作り方、土木工事の方法など)
測量(方向、距離、高さなどを求め地図や設計図をつくる)
環境科学(地球規模や身近な環境問題についての実験や学習)環境土木と共通科目)

学習実習風景

水準測量実習

地形測量実習

八十里越トンネル工事現場見学会

測量士補補習

卒業後の主な進路先

  • 進学先:
    農学系・工学系の大学・短大、専門学校など。
    新潟大学、長岡技術科学大学、東京農業大学、金沢工業大学、北里大学・・・)
  • 就職先:
    公務員(農林水産省、新潟県職、市町村役場)、土地改良連合会、測量・設計会社、総合建設業など。

※環境緑地科は過去6年間進路決定率100%



PAGE TOP ▲